実積 店舗 現場レポ

のれん・提灯・ポロシャツ|焼肉屋さんのオリジナルグッズとして作成!

2020/12/18

メイン画像

 

店頭用のれん・看板用ちょうちん・スタッフ用ポロシャツ

内田-挨拶

こんにちは、キラメック通信担当の内田です!
今日は、弊社でのれんと提灯とポロシャツをオリジナル製作させていただいた、池袋の焼肉ウルフ様のお店に取材に行きたいと思います!

焼肉は大好きです!! よろしくお願いいたします!!

 

自信満々の内田

焼肉ウルフ様は池袋西口から徒歩5分くらいだそうです!
え? 地図ですか?
大丈夫! ボクは見なくても平気です! 焼肉屋さんは匂いでわかります!!

 

内田-頼もしい背中

いわゆる池袋西口の劇場通りにある、池袋郵便局前の交差点を西に曲がったほうから匂いがします!
ボクの嗅覚をなめないでいただきたい!!

 

内田-完全に場所を把握する

こっちです! あの、丸昌本社ビルの角を右折です!!

 

内田-指し示す

ほらね、あそこがそうです!

 

焼肉ウルフ-店頭

どんっ!!

こちらが、焼肉ウルフ様です!
弊社で特注製作させていただいたのれん提灯も看板と同一デザインです。
わかりやすいし、カッコイイ店構えですよね!

 

オリジナルのれん

■仕様

サイズ:w2740×h700(㎜)
生地:生成りブッチャー
製法:特色2c本染め
仕立て:5巾 スリット(500㎜) 共チチ(50㎜出し)
色:黒 金赤

のれん-仕様画像

はじめに焼肉ウルフ様が弊社にご相談下さったのは、オリジナルのれんだったそうです。

 

のれん-素材を確かめる内田

HPをご覧下さった上で、新宿御苑にあります弊社の営業所にお越しいただき、直接、担当スタッフと打ち合わせして、製作決定となりました。
弊社の営業所では、オリジナルのれんの生地や染め方法による違いを、サンプルでお見せすることが出来るというメリットがあるんです!

またその打ち合わせの中で、弊社では提灯ポロシャツなども同一デザインでオーダー作成することが出来るということを担当スタッフがお伝えしたところ、結果的にのれんと一緒にご注文下さいました。

 

オリジナル提灯

■仕様

本体:18号長型ビニール提灯 48㎝φ×h85㎝
白地/黒枠 ※ツルの高さを除くサイズ
正面名入れ:黒文字・白ふち無し イラスト有り 黒・赤2色
ソケットコード 1灯用

提灯-仕様画像

 

オリジナルポロシャツ

■仕様

本体:カジュアルポロシャツ 00193-CP
カラー:ブラック
サイズ:S×5 M×5 L×5
プリント:左胸 特色2cシルク印刷 w130×h40(㎜)
印刷色:白 赤 dic156

ポロシャツ-仕様画像

店舗用の販促アイテムはさまざまなものがありますが、それぞれ別の制作会社に依頼すると、納期管理も複雑になりますし、全く同じデザインでも色味などがアイテムごとに微妙に違ってくる可能性があります。
そのため、統一感を持たせるためにも、一括で注文されるほうがおすすめです。
また弊社の場合、おまとめ注文によるディスカウントサービスもありますので、お得なんです!!

 

のれんと提灯とポロシャツ

というわけで、焼肉ウルフ様の若大将、高倉さんにも協力していただき、オリジナルののれんと提灯とポロシャツを纏めて一枚の画像に収めさせていただきました。

うん、カッコイイですね!
ありがとうございました!!

 
 

ちなみに今回の焼肉ウルフ様の店舗情報は↓こちらです(^^)

焼肉ウルフ様バナー

 

その他のオリジナル提灯の製作実績

 

 

 

 

おまけ

焼肉ウルフ-店内

参考までに、焼肉ウルフ様の店内の様子も見させていただきました。
入り口から入った左右にテーブル席とカウンター席、さらに奥にもテーブル席がふたつほどありました。

 

<焼肉ウルフ-メニューポップ

メニューのポップもわかりやすく、また焼肉屋さんらしいデザインで素敵です!

 

おすすめメニュー

お店の一押しメニューは、焼肉ウルフ様オリジナルの、
「元祖おとしダレ 壺漬けウルフCUTハラミバー」
だ、そうです。

 

内田-迫る

それは、どういうメニューなんですか?

 

高倉さん

お肉の繊維を断つように独特の方法で包丁を入れたハラミを、秘伝のタレが入った壺に漬け込み、両面しっかりと焼いてから、一口大にハサミで切ります。
その後、おとしダレと呼ぶ、炭火焼きの網の上でもう一度、秘伝のタレをお肉の上にかけます。
こうすることで煙がぼわっと立ち上がってお肉が軽く燻され、お肉に香ばしい香りを付けることが出来るのです。

高倉さんは、なんだかとてつもなく美味しそうなそのメニューの説明を、そう出来るだけわかりやすくしてくれたはずですが、幾分、廃人だった期間が一週間近もあったボクにはちょっとよくわかりませんでした。。すみません。。

 

焼いてもらう

ということで、これはもう実際に、いただいてみるしかありません!
壺の中で、秘伝のタレにしっかりと漬け込まれた大きなハラミが、ぬぬぬっと顔を出します!

 

焼いてもらう2

 

待つ

そして炭火の網の上に、豪快にジュワー! と、乗せられました!
このタレに漬け込まれたお肉が焼ける香り、たまりませんっ!!

 

切る

両面をささっと焼いたあと、高倉さんがハサミで食べやすいサイズにカットしてくれます。
4月8日にオープンしたばかりだというのに、手慣れています!
さすが若大将です!

そしていよいよお待ちかねの、おとしダレです!

 

おとしダレ

香ばしい音と香りが濃厚に立ち上ります!
これこそ「目でも楽しむ料理」といったところでしょうか!!

 

いただきます

出来上がりましたので、さっそくいただいてみたいと思います。
いただきます!!

 

食べる内田

うほぉおおおっっーーーーー!!

 

内田-美味しすぎて笑う

ばかうめぇじゃねぇか、これっ!! あははははははは!!

すみません、あまりの美味に思わず、爆笑してしまいました。
お肉の質の良さと、包丁の入れ方が絶妙なおかげで、この上ない柔らかな歯ごたえ!
少し甘めのタレの味も、ご飯が進みます!!

と、極上のハラミに舌鼓を打っていると、高倉さんが何やらもう1品、出してくれました。

 

シャリ玉

こちらは「シャリ玉」というメニューだそうで、お寿司のように俵型に握られたご飯の上に、特製のコチュジャンとネギが乗っていました。
この上に、ハラミを乗せて同時に食べてほしい、とのこと。

 

シャリ玉-肉を乗せる

こうですね。

 

シャリ玉を箸で……

で、これを……

 

食べる

食べるっ!

 

 

 

 

なんじゃこりゃぁああっーーーー!!

いや、これはもう、筆舌に尽くしがたい、まさに天にも昇るような美味!!
このシャリ玉、マジでおすすめですっ!!

 

ごちそうさまでした

ということでボクはあっという間に完食してしまいました!
ごちそうさまでした!!

 

スリーショット

最後に、焼肉ウルフ様のスタッフさんたちと記念に1枚。
若大将・高倉さんをはじめ、とても気さくな方々ばかりで、仕事とはいえ、とても美味しくて幸せな時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました!!

これで明日からもまた、仕事をがんばれそうな気がします!!

焼肉ウルフ様バナー

-実積, 店舗, 現場レポ
-,